更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

付別の更新チェックはカレンダーの付をクリック ▼

2011 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2011 11

2011-10-  ] 

スポンサーサイト

[ スポンサー広告]

--.--.-- (--)

全文を読む

【RPGパロディ】ハロウィン

[ 狼陛下SS]

2011.10.31 (Mon)

折角ハロウィンなので。【萌え】RPG設定です。魔王のお城で、ぱん!という音が響き渡った。「トリックオアトリート!!」黎翔にむかってクラッカーが解き放たれた。小さな紙片がぱらぱらとふり掛かる。「…ゆーりん、これは?」身体にかかった紙片をはらい落しながら、黎翔が尋ねる。見ると、魔王の居室は蝋燭やカボチャなどで装飾されていた。「ハロウィンよ」「ハロウィン?」「人間の国のお祭りなの」「その格好、何?」夕鈴は頭...全文を読む

氾大臣の誤算

[ 狼陛下SS]

2011.10.26 (Wed)

氾大臣の話。捏造設定あります。ラブ要素は全くの皆無です。需要ないだろうけど汗それでも平気だよという方だけどうぞー。↓氾史晴は白陽国の中でも、歴史が長く格調高い家の家長であり、大臣として国家の柱の一人。同じく大臣として名を馳せる柳家とその勢力を二部する存在。その洗練された物腰と、いつも崩さぬ柔和な笑顔に、彼を慕うものも多い。しかし、その笑顔の裏側に大いなる野望が潜んでいることを知る者は、一握りしかい...全文を読む

【感想】LaLa12月号/28話

[ 感想]

2011.10.24 (Mon)

12月号感想、ネタバレですよ。今回は全体的にゆーりん可哀相というか…ううう…多分来月がかなり盛り上がるんだろうという流れ。月夜に玉座っぽいものに座る陛下としな垂れかかる兎嫁。二人で夜中にひっそりお花見ですか?ぎゃー。え、その服やけに薄くない!?やっぱり夜着だよね?胸あいて、足見えてるよ!!エロかわいい!お膝抱っこもいいけど、こんな風にロマンチックな晩に胸元によりかかってとか…!!事後としか…げふんげふん...全文を読む

【萌え/日記】10/23ぷちオンリー

[ 萌え]

2011.10.23 (Sun)

プチオンリー開催おめでとうございました!参加してきました〜!黎翔の顔のシール出てこなかったです!(泣)かぶったシールは沢山あったんですが…流石に黎翔の顔のシール下さいとはマナー違反の為言えず…。本買いあさりました普段同人本買わないのに…狼陛下の作家様方、まだ読んでいませんが、沢山の萌えをありがとうございます。本に触るだけでにやにやしてしまいます。この中にどんな萌えがつまっているかと思うと…!むっはー!!...全文を読む

或る日の浩大の災難

[ 狼陛下SS]

2011.10.16 (Sun)

陛下は今日も浩大と酒盛りらしい。(全くー二人とも飲み過ぎ!!いくら一年も帰ってきてなかったからって!!)憤慨する気持ちが抑えきれない。これは、断じて浩大に陛下を独り占めにされてるからではなく、ただ単にお酒を飲み過ぎなことに怒っている…多分。(それにしても…一年?)以前帰宅の時に、陛下がついて来た時のこと。李順さんからのお使いきていた人を思い出す。いつも、青慎への手紙は李順さんに渡すが、李順さんも人を使っ...全文を読む

一夜の夢

[ 狼陛下SS]

2011.10.14 (Fri)

時代設定とかお国とかまったく無視です。あとゆーりんがかなりの乙女です。狼陛下影薄いです…それでも大丈夫な方はどうぞ~↓「夜祭りですか?」ここは王都乾隴から少し北に離れた離宮の一つ。来年度からこの一帯で大掛かりな治水工事が行われる為、黎翔は側近の李順と補佐の者を数人従えて、この北の地に視察に来ていた。本来ならば夕鈴は後宮に残る予定だったのだが、黎翔の意向で、視察に同行していた。黎翔の仕事も無事終え、明...全文を読む

温かな存在

[ 狼陛下SS]

2011.10.09 (Sun)

「陛下!」陛下の自室付きの官女に許可を貰い、部屋に足を踏み入れた。寝台に横たわる陛下。傍らには側近の李順さん。「陛下が倒れたと聞いて…!」夕鈴が寝台の側までよると、李順が口元に手を当てた。「お静かに。陛下はねむってらっしゃいます」「す、すみません…容体は…?」「ただの風邪と過労です」ほっと胸を撫で下ろす。陛下は常に危険と隣り合わせ。何が起きても不思議ではない。「官吏の異動などあって、ここ最近働き詰め...全文を読む

【感想】LaLaDX感想と妄想SS

[ 感想]

2011.10.08 (Sat)

※LaLaDXを読んでからお読み下さい。今回やばい!やばすぎる!面白い!!紅珠のお話是非読んでみたい!眼光だけで敵を倒す超人とか面白過ぎます!きっと、紅珠の元には興味本位の御夫人だけでなく、間者とかが話しを聞きに来てるんだろうけど、こんな妄想聞かされたらもうやる気が削がれるに違いない!!!!ナイス紅珠!個人的には最後の返して〜のやりとりも可愛くて大好きです。ありがちな内容ですが、書いたもの勝ちで以下妄想...全文を読む

【感想】5巻

[ 感想]

2011.10.05 (Wed)

5巻感想です。(本誌ネタバレ若干あり?)この巻まってましたああああああ4分の1スペースで可歌先生も書いてるけど、転機になる話ですよね。表紙は浩大。今までのレギュラーを押し退けていきなりの登場!確かに今回でばってますしねちっちゃく描かれてるのはやはり隠密だからか!?笑で、次の表紙。まさかまさかの陛下なしの方淵、水月、夕鈴の3人だったらどうしょう…!て思ったら、嫉妬する陛下がいて萌え。流石に表紙に4人は多...全文を読む

淡い夢

[ 狼陛下SS]

2011.10.05 (Wed)

※未来…恋人設定デス闇だ。見渡す限りの深い、果てない闇の中を一人歩いている。沼地を歩くかのようにそれに足がとられる為、思うように上手く歩けない。またそれが時折、腰に巻き付き、行く手を阻もうとする。それがなんなのか、私は知っている。『へい…か…おゆるし…を』『…なぜ…こんな…』中には見覚えのある影もあった。(悪霊に成り果てたか。愚かなものだ…)行く手を阻もうとするそれらを容赦なく踏み付ける。「死してもなお、己...全文を読む

初めての抱っこ

[ 狼陛下SS]

2011.10.02 (Sun)

「きゃっ」気がつくと、地面から足が離れて、力強い腕の中にいた。(へ、陛下!?)いつもは見上げるその顔が、顔の近くにある。夕鈴は悟った。自分が、狼陛下の腕の中で、且つお姫様抱っこされてることを。「へ、陛下、離して下さいっっ」「無理をするな。足を挫いている」「こ、これくらいは大したことないです!!」慣れない裾を踏んで躓き、足首を痛めたのだ。だが、そんな痛みは陛下に抱き上げられた驚きで何処にいってしまった...全文を読む

前-     2011-10-       翌-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。